なぜフットサルなのか!

少ない人数の為(5対5)ボールを触る回数が増えて技術のレベルアップが出来ます。日本サッカー協会では、小学生年代をゴールデンエイジと呼び、ボールタッチの技術はこの年代で決まると言われています、サッカー協会でも11人制から8人制に移行しています。フットサルでは8人制よりもさらに多くのボールタッチが可能になりますし、ゴール前での攻防も多くなります。世界で活躍しているサッカー選手はフットサル出身が多い。彼らの技術、戦術、閃き等はフットサルの経験がベースになっているのです。フットサルはコートの面積が狭く、一瞬の判断力が大幅に望める。そしてフットサルは全員で攻めて(GKも含め)、全員で守る為、たくさんのポジション適正が身に付き、子供の将来に大きな可能性が広がります!!

 

楽しい局面が多い!

サッカーは11対11。フットサルは5対5。子供はたくさんボールに触りたいし、ゴールもたくさんしたい。フットサルではゴールからゴールの距離も近く、攻守の入れ替わりが激しい。チャンスがすぐにピンチになる局面もたくさんあります。点を入れるドキドキや点を決められる悔しさなど多くの体験ができます。当クラブの子供たちは汗をたくさん流しながら楽しそうにボールを追いかけています。

フットサルで個人技を学び世界へ!!!